丁寧な歯医者さん

私は、以前歯を丁寧に磨く習慣がなくよく虫歯になっては歯医者にお世話になっていました。

その時の経験をもとに良い歯医者、悪い歯医者について書きたいと思います。

私が思うよい歯医者は、ゆっくり時間をかけて丁寧に説明してくれる歯医者だと思います。

一般に治療が早い人のほうが良いと思われますがそんなことはないと思います。

なぜなら治療の方針にはいくつかありますので、最善のものを患者に選んでもらうというスタイルをとる人のほうがいいと思うからです。

私が以前行った悪い歯医者の例を挙げるとその歯医者は虫歯の進行具合を見るなり、治療の仕方を独断で決め治療をしました。

その治療では削らなくてもいいところを安全策を理由に必要以上に削ってました。

その結果銀歯を埋めたところが目立ち不恰好になってしまったのです。そして後悔したのでした。

以前行った良い歯医者の場合ですと虫歯の進行具合のレベルを教えてくれ、治療方針を二つ提示してくれました。

それは神経を取ってしまったほうがいいが若いから神経をとらない方針にしようかというものでした。

この提示内容に私は神経を取らずにゆっくり時間をかけて治療してくださいと申し出たところ嫌な顔をせず申し出を受け入れてくださいました。

また麻酔をあまり使わない歯医者のほうがいいように思います。

麻酔をかけないということはそれだけ患者に痛い思いをさせない自信があるということにもつながると考えられるためです。

実際に行った良い歯医者さんは麻酔を使いませんでしたが痛くなったらすぐ知らせてくださいというものの痛くなることは一度もありませんでした。

麻酔をかけないメリットは他にもあります。

それは治療の最後の行う噛み合わせチェックです。

麻酔が効いた状態で噛み合わせをチェックしても麻酔が効いていないときの噛み合わせのことはわかりません。

麻酔をかけない良い歯医者では歯の高さが納得できないと言えばすぐに対応してくださいました。

以上が私の歯医者の見極め方です。