悪い歯医者と良い歯医者の体験談です

悪い歯医者だと思った体験があります。

歯科の先生が何人かいる病院で、抜歯をした先生と抜糸をする先生

が違う先生になったことがありました。

抜歯をする先生が担当している間までは、順調に行っていました。



途中経過の診察で、来るように言われていた日の診察で、

まだ抜糸の予定日まで何日もあるのにもかかわらず、違う先生が

途中経過の診察で担当した際に、衛生士が用意していたカルテもろくに

確認せずに、何を思ったのか、抜糸されてしまいました。



私は、その途端「???」です。

素人目に見ても、どこをどう考えても、血が固まっていない状態で、

抜糸なんかしたら、とてもまずそうな状況でした。

これで終わりですか?という疑問が頭にいっぱいの状態で、

その日は帰宅しました。



それでも、先生がやったことですし、患者の私からなんだかんだ

やっぱり言いづらいですし、先生が決めることだから、と自分に

言い聞かせていました。



ところが、やっぱりその日に、とんでもない事態になってしまいました。

血の中途半端な糊のような状態のものが一気に流れてしまい、

親不知を抜いた部分の歯茎が、見事な穴になっていました。

とても驚いたのと同時に、今までに経験したことのない痛みが

上半身を走りました。



呼吸をするたびに、歯茎に走る激痛がたまらず、寝込んでしまいました。

呼吸をするたびに、頭に痛みも走ります。

これは経験したことのある人にしか分からない、激痛です。

こんなときに限って、連休です。病院からもらった痛み止めは、とっくに

なくなってしまい、連休明けまで市販の歯痛止めを連続して飲んでいました。



連休明けに、急いで歯医者にいったところ、違う先生が、運良く担当

してもらうことができました。

歯茎の包帯をしました。ということでした。