子供の頃からお世話になっている歯医者さん

子供の頃から虫歯になりやすい体質だったために、虫歯ができると嫌々歯医者に通っていました。歯医者に行くのが嫌でお腹が痛いと仮病を使った事もありました。それは大人になっても同じで、歯医者に行くのが嫌なので歯が痛くならないとなかなか歯医者にはいかないものです。子供のうちは歯科検診があるので、痛くなる前に虫歯に気が付いて行くことが出来ますが、大人になると歯科検診はないため定期的に歯医者に通うか、もしくは痛くなって虫歯が進行しないとなかなか行けるものではないからです。



しかし、私が通う歯医者さんは、ついつい検診に行ってしまう歯医者さんなのです。

と言うのも、私の家庭は父や母、兄弟とみんなその歯医者に通っています。

そして歯医者さんは、しっかりと家族と認識しているのです。

ですから、例えば母が歯医者に行った場合には話題として私の事や父の事、兄弟の事が出て歯に心配をしてくださるのです。

意外と小さなものでも虫歯って出来ますから、2~3年に一度くらいは誰かしらが歯医者に通う事になるので、そのたびに残りの家族の話題が出ます。

そうなると、そこまで気にかけていてくれるならば、一度行っておこうかなとなり、検診に行くのです。

そのおかげで、虫歯の発見もはやくなり治療も最小限で済んでいます。



また、それだけではなく腕も良いと言うのが最高です。

治療に関する腕も良かったので、一度治療をすると結構な日持ちをしてくれます。

銀歯をかぶせてもすぐにはずれてしまうと言う事もないので、安心して食事をとることが出来ます。

万が一銀歯が外れてしまっても、すぐに予約ができて優先的に入れてくれるため、ここの歯科医には本当に頭が上がりません。

最近は引っ越してしまったので、なかなかその歯科医に行くことができませんが、遠くなってもその歯科医に行こうかなと思っています。

私の家族全体の歯の健康を保ってくれている素敵な歯医者さんなので、院長先生が引退するまではお世話になろうと思っています。