私が大学生時代にかかっていた歯医者さんについて

私がこれまでの人生の中でかかってきた歯医者さんの中には、良い歯医者さんだな、と思わせてくれる歯医者さんもあれば、これは酷い歯医者さんだな、と感じてしまう歯医者さんも中にはありました。



私がこれまでかかってきた歯医者さんの中では、実際に私が治療を受けて「これはちょっと、酷いな、良くないな」と感じた歯医者さんが2つほどあり、その中でも一番良くなかった歯医者さんが私が大学時代に何度か治療を受けた歯医者さんでした。



私は当時大学に入学する為に東京に上京して一人暮らしをしていた時期で、母子家庭の私は母親からの仕送りは一円も貰わずに東京でアルバイトをして東京での大学生活にかかる生活費を全て自活して捻出して東京で暮らしていました。

そんな状況の中で朝から昼間では大学の授業、夜はアルバイトが深夜まで続くという生活を送っているうちにどうしても自分の毎日の歯磨きがおろそかになってしまい、私はそれまでの人生の中で一番の激痛を伴う虫歯を私が大学3年生の時に発症してしまったのでした。



その時の私の虫歯の痛みは尋常な痛みではなく、氷を常に虫歯の歯茎の部分に当てていないと失神してしまうのではないか、という位に痛みが凄まじく、眠れない夜を過ごして次の日の朝一番に私が当時暮らしていた都内の郊外の街の駅前の歯医者に駆け込んだのでした。



そして私はその歯医者さんの若い歯科医の先生に「とにかくこの痛みを取って下さい」とお願いをして、まず歯茎に麻酔を打ってもらい治療を始めたのですが、その若い歯科医の先生は「この虫歯は進行してしまっているから、これから歯の大部分を削り取ります」と言ってどんどん歯を削ってしまい、私のその虫歯は歯茎の上に見えている歯の部分のほとんどが全て削り取られてしまったのです。

削り取られてしまった歯はぺったんこになっており、表面から口の中を見るとその部分の歯が無くなってしまった様な感じになってしまいました。

私は勿論歯科医の先生ではないので専門的な事は分からないのですが、それでも「こんな歯の削り方があるのかな」と疑問を抱かざるを得ない様な歯の削り方でした。

私の歯、その物がほとんど削り取られてしまったのです。



今考えるとあの私が大学生時代に治療を受けたその歯医者さんはあまり良い歯医者さんでは無かった様な気がします。

派遣されてきたと思しき若い歯科医の先生が2人、まるで大学生の様にきゃっきゃと歯医者さんの院内で談笑していたのも気になりました。